作家紹介 -Artist-

小澤 康磨 ←詳細はこちらをクリック

(おざわ やすまろ)


瀬戸市 まる工房

擬人化した猫や浮世絵で描かれた「国芳猫」の作品を多く手がける陶猫作家。猫の絵も描く。 

☆猫Garageで一番最初に作品を置かせていただいた作家さんで、虹の橋へと旅立った猫息子たちを陶猫として蘇らせていただきました。


東 早苗 詳細はこちらをクリック

(ひがし さなえ)


石川県小松市 九谷さなぼ 九谷焼伝統工芸士

猫の置物と器。赤絵の器は繊細で素晴らしいです。

☆猫Garageの看板やステッカーにもなっているロゴの猫は東 早苗さんに描いていただいたもの。


天野 千恵美

(あまの ちえみ)


大阪府 EMY'S WORKS

猫をモチーフに絵画や立体作品制作を手掛ける。

小さくて可愛らしい立体の猫の顔や柄は、「塗る」ではなく、ひと筆ひと筆「描く」作業を重ねて出来上がった繊細な作品。


渡辺 志野

(わたなべ しの)


愛知県瀬戸市 gallery 土知手BAU屋

黒・赤・黄・青などの鮮やかな色使いの置物や器。

「ネコマチ商店街」シリーズの器の猫たちは、みな楽しそうで、猫の世界を想像してしまいます。


半澤 淳子

(はんざわ じゅんこ)


栃木県芳賀郡益子町 ここほれニャンニャン窯

ユニークな視点から 生み出された作品は楽しさ満載で、作品の猫たちを見たほとんどの方が「クス」っと笑い「可愛い♪」「面白い♪」と仰います。作品を購入すると、面白可愛い手紙がついてきます。


水谷 満

(みずたに みつる)


三重県四日市市 萬古焼陶芸作家

萬古焼の器や置物で猫を制作。 猫の似顔絵も描く多才な作家さん。

猫の絵の横に書かれる言葉も味のあるものばかり。

焼きしめの猫作品は、思わず手を合わせたくなる神々しさを感じます。


佐山 泰弘

(さやま やすひろ)


立体造形、水墨画、グラフィックデザインなどの手法で作品制作。

作品に猫の宴、からくり猫などがあり、現在は「うちの猫(コ)プロジェクト」で、写真から愛猫を作る活動もしている。 猫Garageの猫息子&猫娘も作っていただいたことがあります。


高橋 奈美

(たかはし なみ)


愛知県みよし市 工房 猫月

普段使いの可愛らしい猫柄の器や置物を制作。

瀬戸市で定期的に開催される楽市にも出店。

自宅に10匹を超す猫と生活する大の猫好きさんです。


小川 美由紀

(おがわ みゆき)


愛知県日進市 工房 猫月

姉の高橋奈美さんとともに工房 猫月として活動。

瀬戸市で定期的に開催される楽市にも出店

置物や器はどれも可愛らしく、贈り物に喜ばれます。


高橋 理佐

(たかはし りさ)


東京都 猫形作家(粘土作家)

著書に粘土でつくるダジャレ猫「ねこひねり」や、はじめての猫ねんど「ねここね」などがある。

個展やワークショップなど思わず笑ってしまうような面白可愛い猫を粘土でつくる作家さん。 


稲田 敦

(いなだ あつし)


長野県 日本画家川上けいすけ氏に指示。

独特な「青」で描かれた猫の絵、段ボールアート、革作品、粘土作品、木彫り作品、ビーズ作品など他にもあげればきりがなく多才。オーダーを受けゴム板で招き猫などのハンコの制作もする。


岡村 洋子

(おかむら ようこ)


東京デザイナー学院 陶芸科卒業

やんちゃな顔の猫の作品や「オガミねこども」「鈴猫」「半纏猫」などの大き目な作品、「猫かぶり」シリーズなどの小さ目な作品も制作。


A y u m i

(あゆみ)


東京都 

代表作「Blue World」の青猫ラピスとシスル・白猫ピオニー。

樹脂アクセサリー会社勤務を経て、現在は絵画、クラフト、立体物の制作。主に猫だが、ほかにもウサギなどの小動物をモチーフとした作品の制作。天然石に猫の絵を描きネックレスやブレスレット、ブローチなどのアクセサリーなども制作。



茨城県 美術大卒業

代表作「にゃにゃー村」や「ロックな猫ジャケ」

最近では、小さな猫達が田園や畦道などで遊ぶ風景などのジオラマを制作し、電車を走らせるなどの「ニャニャー村」を制作。「にゃーにゃー村」や「ロックな猫ジャケ」のポストカードもとても人気。


布施 和彦

(ふせ かずひこ)


猫をモチーフにした物語のある作品。

バッグ、財布、ポーチ、名刺ケースやカードケース、メガネケースなどを手掛ける。


高原 鉄男

(たかはら てつお)


現在は奥様がデザイナーとして鉄男さんが生前に描かれた猫のイラストからTシャツやバッグ、ブックカバーなどの布製品や革製品を作るブランドを立ち上げ、百貨店やギャラリーで展示販売会を開催。


岡山 富男

(おかやま とみお)


愛知県 半農半陶芸作家 

古民家で農業をしながら作家活動中。 田んぼで米も作ってます。

陶器の器や置物。見た目は少し怖いけれど、でも手に取ってしまうような猫の置物などを製作。


豊島・P・さとこ

(とよしま・P・さとこ)


愛知県 瀬戸市

自称フランス人?! 「P」はピエールの略とのこと(笑)

かなり面白い作家さんですが、伝統的古典文様や染付の柄は丁寧に描き込まれていてとても繊細です。 その伝統的な文様の中、染付青海波の中に猫がいたりします。 器や置物、プランターなども制作。


琴坂 映理

(ことさか えり)


猫のイラスト、フィギュア、アクセサリーなどの手作り雑貨を中心に制作。

毎年後半に製作する猫の熊手も可愛くて人気。

独自のブランドも立ち上げ、ギャラリーや百貨店などで展示会も開催。


工房やまねこ

(やまね みえこ)


可愛らしい猫のドアプレートやマグネット、メモスタンドなど実用的なものが多く、百貨店などの猫展などにも多く出店。